浄土宗西山深草派の教学論文発表の場としてこのサイトを公開しています。/浄土宗西山深草派 宗学会

※発言はFacebookアカウントにて行なってください。

親鸞は源頼朝の甥,高野山に籠った法然,壇ノ浦において建礼門院が入水した真相

 



最新登録の論文


 

親鸞の流罪に縁座した歌人・藤原家隆

[ 登録日:2017年5月09日 ]

 

親鸞の流罪に縁座した歌人・藤原家隆(ふじわらのいえたか) に退下した。1207年(建永2年)2月9日、専修念仏僧が逮捕・拷問される。承元元年(1207)2月18日、源空上人(法然房と号す)土佐国に配流す。専修念仏の事に依るなり『皇帝記抄』)。後鳥羽上皇が専修念仏を停止し、法然を土佐へ、親鸞を越後に流罪することを決めた。建永2年2月27日、法然、土佐に配流(『四巻伝』『弘願本』『琳阿本』『九巻伝』)。平雅行氏は論文「親鸞の配流と奏状」(早島有毅編『親鸞門流の世界―絵画と文献からの再検討―』法蔵館、所収、2008年5月)において、左のように論じられた。(175ページ)壮年期の親鸞に決定的な影響を与えたのは、建永二年(1207)の専修念仏弾圧である。しかし関係史料に親鸞の名がほとんど出てこないため、親鸞がなぜ流罪となったのかがよくわからないし、そもそも建永の法難が何であったのかについ…  続きを読む

 

【筆者紹介】

 

吉良 潤

[ きら じゅん ]

 

1936年(昭和11年)京都市に生まれる。1962年(昭和37年)京都大学医学部を卒業する。1972年(昭和47年)浄土宗西山深草派長仙院住職に就任する。1990年(平成2年)同派宗学院教授、2004年(平成16年)布教講習所教授、2005年(平成17年)京都西山短期大学非常勤講師を経て、2009年(平成21年)勧学を授与される。

 


 

 

 

 

 

是非お読みいただきたい「おすすめ論文」

 

 
 

 

 

 
 

 

 

 
 

 

 

 

次へ 


 

 研究論文アーカイブス内の検索

 カテゴリー別表示

 


 キーワードで検索

 


空白→AND検索 / OR→OR検索 / [キーワード]→NOT検索

 

 

 


宗学会 行事カレンダー
2017年9月

     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

お知らせ/更新情報


 

 

 

 

  この「お知らせ/更新情報」を購読 (Atom0.3) フィード



 

Tweet 


twitter area @fukakusa-org

 

 マイツイート [最新3.件まで]



FukskusaOrg 日鑑を更新しました。/新しい論文を掲載いたしました。https://t.co/j4g2KGxB7D https://t.co/ewChuuBkSQ

[2017-08-23 02:09:05] ≪ツイートの確認≫


FukskusaOrg https://t.co/9ipePjtWxf?

[2017-08-23 01:56:53] ≪ツイートの確認≫


FukskusaOrg 日鑑を更新しました。/新しい論文を掲載いたしました。https://t.co/j4g2KGxB7D https://t.co/ewChuuBkSQ

[2017-08-12 14:55:06] ≪ツイートの確認≫


 

facebook area