浄土宗西山深草派の教学論文発表の場としてこのサイトを公開しています。/浄土宗西山深草派 宗学会

※発言はFacebookアカウントにて行なってください。

親鸞は源頼朝の甥,高野山に籠った法然,壇ノ浦において建礼門院が入水した真相

 



最新登録の論文


 

浄音上人の著述と西谷光明寺の周辺

[ 登録日:2016年11月25日 ]

 

浄音上人の著述と西谷光明寺の周辺 著者:稲田廣演 はじめに 浄音房法興上人(以下、祖師の尊称を略す)は、周知の通り、現在まで西山浄土宗および浄土宗西山禅林寺派としてその法脈が続く西山派西谷義の祖である。しかしながら、現存する著述は少なく、その行実にも 不明な点が多い。特にその住所として名高く、また門流の名称の由来ともなっている「西谷光明寺」につい ては、その跡地さえ明確ではなくなっている。本稿では、従来未紹介のものも含めて関連文献を集成し、浄音の著述と西谷光明寺の消長について考察してみたい (以下、本稿では〈 〉は引用文献中の割注 。 ( )、 は筆者の注を示す) 一 浄音の著述 浄音の生涯や著述については、森英純師による『西山全書』別巻第四(浄音上人全集)の解題に簡潔にまとめられているが、その後に発見された資料も少なくない。ここでは、『観経疏愚要抄』・…  続きを読む

 

【筆者紹介】

 

稲田 廣演

[ いなだ こうえん ]

 

昭和四十九年生。龍谷大学文学部哲学科教育学専攻卒。平成十七年、学階「得業」を拝受。宗学院教授。名古屋市蓮華寺副住職。大学時代に出会った法然上人の思想の明晰さに触発され、以後、西山派の教学・歴史全般を視野に収めて、資料の収集・翻刻・研究にあたっている。研究の主軸は、西山善惠上人をはじめとする列祖の思想と行実の復元にある。

 


 

 

 

 

 

是非お読みいただきたい「おすすめ論文」

 

 
 

 

 

 
 

 

 

 
 

 

 

 

次へ 


 

 研究論文アーカイブス内の検索

 カテゴリー別表示

 


 キーワードで検索

 


空白→AND検索 / OR→OR検索 / [キーワード]→NOT検索

 

 

 


宗学会 行事カレンダー
2017年2月

   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     

 

お知らせ/更新情報


 

 

 

 

  この「お知らせ/更新情報」を購読 (Atom0.3) フィード



 

Tweet 


twitter area @fukakusa-org

 

 マイツイート [最新3.件まで]



FukskusaOrg 日鑑を更新しました。/浄音上人の著述と西谷光明寺の周辺/新しい論文を掲載いたしました。https://t.co/nLf1tXXAFV%… https://t.co/ewChuuBkSQ

[2017-02-12 18:21:10] ≪ツイートの確認≫


FukskusaOrg https://t.co/9ipePjtWxf?

[2017-02-12 18:02:57] ≪ツイートの確認≫


FukskusaOrg 日鑑を更新しました。/浄音上人の著述と西谷光明寺の周辺/新しい論文を掲載いたしました。https://t.co/nLf1tXXAFV%… https://t.co/ewChuuBkSQ

[2016-11-30 17:25:48] ≪ツイートの確認≫


 

facebook area